コンサルティングConsulting

当社のコンサルタントは、経営理論に通じるだけでなく、実際の経営や教育の現場で豊富な経験を積んでいます。私達は、理論と現場のバランスをとりながら、クライアント様が「実践すること」「やり切ること」を重視したコンサルティングサービスを提供します。

戦略コンサルティング

クリックで拡大

クライアント様の企業(団体)戦略、事業戦略等を、マネジメントや担当チームのメンバーと共に立案していきます。
コンサルタントが持つ経営・戦略理論や現場で実践するためのノウハウを提供するだけでは、クライアント様の発展に寄与することはできません。なぜなら、「戦略に正解は無く」、「実践する“組織”が自ら考えた戦略でなければ、やり切ることができない」からです。私達は、組織の全力を挙げてやり切れる「おおよそ正しい」戦略が重要と考えています。
当社のサービスは、大手コンサルティングファームのように、コンサルタントが短期間に戦略立案の成果物をとりまとめて提案するタイプではありません。
また、専門ファームのように、コンサルタントの持つ専門知識や技能を提供するものでもありません。
私達は、マネジメントとの対話(ダイアローグ)を繰り返し、ゴールや戦略の骨子を確認しつつ、担当チームが行う検討作業に参謀として寄り添うことで、クライアント様自らが考え抜いた「実践できる(やり切れる)戦略」を立案します。
また、やり切るための水先案内人として、そのインプリメンテーションプロセスもファシリテートしていきます。

ファイナンシャル・アドバイザリー

クリックで拡大

M&Aや資産の譲受・譲渡は、サービス・商品の売買と違い、特殊な取引です。取引対象の定義や条件・価格設定の自由度が高い一方で、確からしい解答や取引に潜むリスクが捉えづらくなります。
また、資本の絡む取引では、経済合理性を逸脱して、
各プレイヤー個人の利害関係や感情に影響されることも多くなります。
私達は、「安く買うこと」「高く売ること」だけを目的とせず、また無条件に取引の成立をおすすめすることもありません。 クライアント様が望むゴールと引き受けられる負担・リスクのバランスに気を配りながら、あるべきスキームやストラクチャー、 取引条件を考え、相手方と交渉し、クライアント様にとって 真に価値のある取引の実現を目指します。

新規事業企画・ローンチ支援

クリックで拡大

既存事業の将来性を考えて、多くの企業が新規事業に取り組んでいます。しかし、歴史の長い企業、成功事業を抱える企業やオペレーティングエクセレンスを強みにしてきた企業などでは、往々にして新規事業に取り組むために必要な姿勢、考え方、スキルなどのリソースが不足しています。また、過去コンサルタントに新規事業計画立案を依頼して成功した事例は多くはありません。

やはり、当事者たるクライアント様が自ら企画・実行していく必要があります。
私達は、新規事業チームのナビゲーターとして、クライアント様の経験・知見を引出しつつ、Try & Errorの“Try“に値する新規事業を企画し、実際にローンチするまでのプロセスをサポートしていきます。

プロジェクト型コンサルティング(業務改善・業務改革)

クリックで拡大

組織は人なり
マネジメントの悩みの多くは、“組織”と“人”に関わることです。私達は、「人を通じて組織を拓く」という思いから、特にクライアント様のミドルクラス(中堅層)の仕事に対する姿勢や考え方を一段高いレベルに引き上げることで、組織そのものの活性化を図り、自律的に発展していく組織づくりを目指します。例えば、成果志向、5W1HやPDCAなどは、考え方としては当たり前のことですが、易しい分野・方法で取り組んでも、徹底できている組織はそう多くありません。
また、簡単な解が見つからない場合、「どうやるか」を考えるのでは無く「できない理由」探しに注力する風土の組織も見受けられます。
私達は、クライアント様業務のキーとなる会議や打合せの場に参画し、参加メンバーが

  1. 自分たちが組織を発展させていく心意気で
  2. ストレッチした目標に対し
  3. 必要十分なアクションを実践していくため

のエンジン役を務めます。

PAGE
TOP