自己啓発セミナーやパーソナルビジネスコーチングで頑張る女性を応援します。また、企業様の女性活躍推進活動のご支援をしていきます。

「カンパニュラの森」が目指すもの

一生懸命頑張る働く女性の成長を応援します

「カンパニュラの森」が目指すもの一生懸命頑張る働く女性の成長を応援します はコメントを受け付けていません。

男女雇用機会均等法が施行されて20年以上が経ち、女性の社会進出はめざましいものがあります。
企業もこの20年の間に制度面での改善を図り、以前にもまして女性が働きやすい環境が整えられてきています。
しかしながら、政治・経済活動への女性の参画の度合を示すGEM*では、108カ国中58位と日本における女性活用は大きく遅れています。
我が国では女性の力を「真の企業戦力」としてまだまだ活用しきれていないのが現状なのです。

*GEM(Gender Empowerment Measure:ジェンダーエンパワーメント指数)
国連開発計画(UNDP)が発表している女性が政治経済活動に参画し、意思決定に参画できているかどうかを測る指標の一つ。具体的には、国会議員に占める女性割合、管理職に占める女性割合、専門職・技術職に占める女性割合及び男女の推定所得を用いて算出している。

これからの厳しい環境に勝ち抜いていくためには、企業は多様な人材の力を最大限に活用し、新たな価値観や活力を用いて国際競争力を高めていくことが求められています。
モノにあふれ、今後人口減少が確実な我が国においては、従来の価値観に基づいたビジネスモデルでは成長できないことは明らかです。
日本の「ものづくりの技術」(ハード)プラス「知恵」(ソフト)の部分がますます重要になってきます。
そのような中、女性の持つ「感性」や「生活者視点」「好奇心」等をうまく取り込んで、経営戦略に活かしていくことが必要になってくるのではないでしょうか。

また、女性の側もより自律性を求められます。
自ら意思決定していく能力とより一層の責任感が必要となります。
ビジネス社会は世界共通で男性の価値観を中心にして形成されています。
もともと女性はマイナーな存在です。
自己主張がはっきりしているといわれる欧米各国でも、女性の社会進出が進んだのはわずか60年足らずのことです。より働きやすい環境を求めていくことは必要ですが、職場で自分の権利だけを主張していたのではこれまでの男性社会の価値観との対立を生むだけなのではないでしょうか。実際、女性には様々なライフステージが待ち受けています。
それぞれのステージで自分にあった働き方、仕事、生き方をしっかり考え、組織との融合を図る努力こそが求められています。

―働く女性応援サイト「カンパニュラの森」-では、
そんな頑張る女性を応援するための情報を収集・発信したり、自己啓発のお手伝いいたします。
「女性の仕事と生き方」を考えるイベントを実施したり、さまざまな仕事人にインタビューを行い、「仕事をするということ」の意味を探っていきます。
また、アンケートを実施して働く男女の本音を聞いたり、最近のダイバーシティ/ワークライフバランスの研究動向などを集め、女性活躍推進に役立つ情報を提供していきます。
さらに、自己啓発セミナーやパーソナル・ビジネスコーチングプログラムをご用意し、働く女性をサポートしていきます。
将来的には、「女性と仕事」を考える人たちのネットワーキングづくりを目指し、情報交換の場を創っていきたいと考えています。
女性に限らず、「頑張る女性を応援する」男性にも参加していただくつもりです。

「カンパニュラ」は、鐘の形をした花で、必ず横か上を向いて咲くといわれています。
「いつも上を向いて」いるカンパニュラのように、仕事を通して一生懸命頑張る女性の成長を応援する場所にしたいと思っています。
そして、カンパニュラの花言葉は「感謝」「誠実」です。感謝の気持ちを忘れずに誠実に生きていくという願いも込めています。

TOPPAGE  TOP 

「カンパニュラの森」MENU

女性活躍推進に関する資料

サイト内検索

月間アーカイブ



RSS2.0